魚心−水心

アクセスカウンタ

zoom RSS どらやき

<<   作成日時 : 2007/03/06 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どらやき というべきか、三笠山 というべきか・・・

同じものなのに何故ふたつの言い方があるのでしょうね?
その地方によって呼び名が違うとか?たとえば関東と関西?

まぁ、いいや。
最近、どーでもいいことにやたらと執着して考え込むことがあるのよね・・・


画像


私が 今まで食べた中で一番美味しいぞ、コレ!!と思った 《どらやき》
正式名を 富士見笠 といいます。
甘党の人なら一度に2〜3個は軽く食べられます。


お店のHPを作っていないのか、検索してもでてこないので(商売っけないねぇ)
ここで勝手に紹介します。

製造者及び所在地
        御菓子司 富士笠  
 京都府宇治市小倉町西浦98 オーレ丸山内
      でんわ 0774(22)1879



ヘンに甘すぎず、生地がしっとりしていて滑らかで口当たりが良い。
中のあんこは つぶあん なんだけれど、これがまた大変良い。
口の中に豆の皮が残らない。

私は、食べ終わって最後までこの豆の皮が口の中に残るのが どーもイヤで
つぶあん のお菓子は避けていたのだけれど、この富士見笠は あんこの煮方が絶妙です。

この どらやき いただきものなので どこに売っているのか・・
もしかして、製造元だけだったりするかもしれませんが
どこぞで見つけましたら是非お買い上げの上、ご賞味ください。(店の回し者みたいだな・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どらやき 魚心−水心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる